【働き方改革】働く夫も、家事をやったほうがいい理由

今日は、仕事よりも家庭が最優先であり、夫は働いていても家事をやったほうが効率的なのではないか?という話です。

働く夫は仕事に専念したほうが家庭のため?

働いている男性の多くは、外でヘトヘトになるまで働いています。

すごくよく頑張っていると思います。ワーカーホリックを疑うほど仕事が好きな仕事中毒気味の人もいます。

まず、その状況が、前提としておかしい気もしています。

というのも、人は「幸せに生きるために仕事をしている」のであって、「仕事をするために生きている」わけではないからです。

つまり、仕事は本来、幸せに生きるのに必要でなければ、やらなくていいことに分類されます。

どう考えても、妻がいて、子供がいて、夫として頼れる男性が私ひとりしかいない、家庭のタスクのほうがプライオリティが高いといえます。

仕事は正直、私がいなくても何とかなります。私はオンリーワンで常に求められるほど優秀というわけではありません。そして、仕事に命をささげている人のほとんどは認めたくないかもしれませんが、代わりのいない仕事などほぼありません。

逆に、家庭に代わりはいません。

だから、私は仕事のタスクよりも家庭のタスクのほうが優先度が高いと考えています。

給料をもらっているので、与えられている最低限の業務はすべきだし、最低限会社から求められている成果は達成するべきでしょう。

それ以上の給料が必要だから頑張る、というのは、もともと家庭のタスクありきのことで、そこをおろそかにして+αのほうに傾倒するのは、私は本末転倒だと思います。

家庭で貢献するべき最低レベルということは、仕事で言えば給料をもらう最低限の業務、ということなので、そのベースをさぼる言い訳にはならない、ということです。

なので、家庭・仕事、それぞれの最低ラインをまず押さえてから、それ以上の収入について勘案すればいいのではないでしょうか。

その方策は男だけで稼ぐだけが全てではないでしょう。空いた時間に妻が働くという選択肢もあるでしょう。2人で家庭という組織を構成するのですから、収入が少ないことの責任は旦那さん一人で背負うものではなく、夫と妻両方で責任と当事者意識をもって取り組むことと思います。そのベースがないのですれ違って、それぞれに勝手に頑張り、勝手に傷つき、勝手に恨み、罵りあっているような気がしてなりません。

じゃあ、家事をやれば何がいいっていうの?

そこまで言うなら、家事やってみて何かいいことあったの?と思うかもしれません。

家事のタスクを2人で前向きに処理していく「共同経営者的な立ち位置」で夫も妻も暮らすことで、どんな問題が解消されるのか整理してみましょう。

①妻が不機嫌じゃなくなる

これに尽きます。

夫が仕事ばっかりしていたら、妻は不機嫌になります。

家庭も自分も省みないで外にばかり出ていく夫。コミュニケーションも不足します。

当然、行き違いが生まれます。小競り合いや喧嘩をすると、お互いどんどん不機嫌になっていきます。

その原因は、『私たちのことを軽視しているのではないか?』という夫に対する妻の不信です。

どんな夫も、最初は家族に幸せになってほしくて仕事をがんばっていたのだと思います。でも、その気持ちは家庭のことを「一緒にやろう」というスタンスでなくては伝わりません。そして、一緒にやろうとする姿勢と少しの行動だけで、妻はちゃんとパートナーとして歩んでくれている、という安心感をもち、夫に信頼をよせることができます。

ゆえに、不機嫌ではなくなり、労をねぎらい、笑顔を見せてくれるようになります。

私は、こういう状態のほうが仕事を頑張れます。みなさんもそうではありませんか?

②家事の進行状況がスムーズになり、生活が快適になる

家事は大変です。

子どもの世話をしながらマルチタスクで洗濯や掃除や炊事etc…をしなくてはなりません。

常に変化する状況に対応しながら、確実にタイムラインに沿ってこなしていかなければならないタスクがかなり多く、高い能力が要求されます。

これを妻一人でやるとなると、かなり負荷がかかります。

独りでやるより2人でやったほうが、効率よく時間も短縮できます。

「一日家にいるんだから妻がやって当然」という昭和の化石みたいな考え方の殿方のために説明しておくと、一日家にいるからといってできる量ではないし、そう簡単に終わるものでもないことが、1日ジョブチェンジしてみるとわかることでしょう。ぜひ、一回代わってみてください。世の男性がやってみると、完璧にこなすどころか、ヘトヘトになっているのにもう夕方、まだ何にも終わってない…みたいなことがザラにあると思います。家事は簡単な仕事ではないこと、毎日当たり前にやってくれている妻がどれだけすごいかがわかると思います。

なので、大変なことは分業したほうがいいし、2人で取り組んだほうが効率的なのは、家事も仕事も一緒なので、やりましょう。

そうやって時間に余裕が生まれるほうが、当初目的としていた「幸せな生活」に近いのではないでしょうか?

それを実現するために仕事を頑張っているのなら、同じかそれ以上に幸せの実現に近づく、この家事というタスクはやらない手はないと思います。

それぞれに得意不得意があるかもしれません。そういう場合は、補い合ってそれぞれの強みを生かして生活することで、妻だけに任せてしまうよりも、よりレベルが高い生活を維持できるかもしれません。

③子供がお父さんを見直す

子どもは、よく見ています。

お父さんの姿を、よく見ています。

お母さんの話を、よく聞いています。

私の父はよく仕事が忙しいと言っては休みも出かけていき、家にいる時間は少ない人でした。

子どもにとってそのような親は、言ってみれば「一緒に住んでいるおじさん」。つまり、他人と同じです。

私は父が何が好きなのかもよくわからないし、とにかく仕事をやってたひと、という印象しかありません。思い入れはあまりありません。

むしろ母にいつも愚痴を言われているダメな人という印象がつきます。

なぜなら、母から、いかに父が家庭を蔑ろにしているか、とくとくと語られるからです。

聞きたくもない愚痴を聞かされて、お父さんもお母さんもどんどん嫌いになります。こんな家庭が幸せでしょうか?私は幸せではありませんでした。

だから、家事を押し付けて仕事にかまけるのは、子供を不幸にする一番簡単な方法だと思っています。

まとめ:健やかなるときも、病めるときも

「その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?

という言葉になつかしさすら感じる今日この頃。

そう、この原点に、この誓いにあるとおりの「二人で人生を生き抜いてやろうよ」をただ実践するところに、立ち返るのではないかと思います。

独りで生きていくのではなく、共に生きていくことを誓い、助け合うことに、仕事も家庭もなく、一心同体なんだという原点に帰れば、どれがどっちの役割だとか、どっちが悪いとか、実に些末なことです。

良いことも、悪いことも、半分こ。

そういう契約を交わして今一緒にいるその人と、しっかり話し合い、真心を尽くせば、幸せはもうその手にあると言ってもいいのではないでしょうか。

見失いそうなことを、自分のために、ここにまとめてみました。

読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク