【Google Adsense 合格奮闘記】初心者の私がやっちまった!あり得ない超初歩的ミス4つ

こんにちは、ちあき です。

ドキドキしながらgoogle Adsenseに申請したら、速攻で2回却下されました。

悲しいです。すごく悲しいです。

なんてったって一生懸命書いた記事が、

価値の低い広告枠(コンテンツのないサイト)について

AdSense のプログラム ポリシーに記載されているとおり、ユーザーにとって価値がほとんどないページや広告の比率が高すぎるページには、修正が行われるまで Google 広告が表示されません。これには、広告配信専用ページやコンテンツのないページが含まれます。

という「おまえのブログなんて1ミリも価値ないねん、一昨日きやがれボケ」くらいの勢いでディスられているからです。

20記事書いてダメだったので、30記事書いて3回目トライしようと思います。こうなったら受かるまでなんぼでも挑戦してやる!

とりあえず私と同じ悲しみに暮れる人が一人でも少なくなるよう、サイトを見て見様見真似で「独自ドメインとレンタルサーバー契約」「wordpressをインストール」した後に、私がアドバイスをいただいてたまたま気づいたことや必須なのに忘れていたこと、つまり、もっと早く知っておきたかったこと4つを共有します。

私がもっと早く知っておきたかった4つの超初歩的ミス

①お問い合わせ・プロフィールがなかった

この2つは必須です。必須だよ、と、そうじゃないよ、という2つの意見がネットでは別れていますが、2018年12月時点で最新のサイトだと必要になっているみたいです。私はあとで設定しました。

②https化されていない

これも、多くのサポートサイトに書いてなかったことですが、必須です。要するに、httpだとネット上で暗号化されていなくて悪い人に好き勝手されるから、httpsという形式に移行しないといけない、ということなんですが、これはtwitterでたまたま教えてもらえたから設定できました。もう少しこういう基礎から解説してくれているサイトがあったらありがたいのにな。

③プライバシーポリシーがない

これは2回目の審査も1日足らずで落とされたので、google先生のコンテンツポリシーを見ていて、必須のコンテンツになっていることに気づきました。(遅い)。だって、サイト作ったらこれは必須だからね、なんてまとめているサイト無かったんだもん。プラグインの紹介はたくさんあるのに。こういう地味な必須項目は、私みたいなアホは見逃しやすいポイントです。

④審査用コードを張る場所が間違っている。

これ。見わからんかった最初。</head>の後に張り付けるとかウソ書いてるサイトあるし!<head>が3行目くらいにあるから、そのあとに張り付けるんだぞ!騙されるなよ、みんな!正直これ1回目にやって落ちて、2回目やるとき別のサイト見てたらわかりました。私も記事書くときは丁寧に書こうと心に決めた瞬間でした。

審査に通ったら

いかがでしたか?

まだ審査に合格していないので、外部リンクはると落とされるから、ここがよかったよって紹介できなくてすみません。合格したらおすすめサイトのリンク張りたいと思います。とにかく、これは詳しい人が身近にいれば聞きながらやるのが一番。何でもそうか。でも、自力でやる人のために、わかりやすくなればいいなと思います。

では、また!

スポンサーリンク